乳幼児、小学生、中学生、高校生まで使える家庭学習用教材を開発。株式会社タオ
Computer教育のパイオニア 株式会社タオ
株式会社タオ ロゴマーク
株式会社タオ 採用情報

トップページへ会社情報経営理念製品一覧よくある質問
社名

社名 哲学者老子の「道」−宇宙の法則

社名の「タオ」というのは、実は中国語です。「道」と書いて、日本語では「みち」と読みますが、中国語では「タオ」と読みます。ですから、株式会社タオとは、株式会社道ということになります。

「道」という言葉は、いろいろな意味を持っています。「road」の道、「わが道を行く」という時の道、武道や茶道でいう道、極道という恐ろしげな熟語もあります。深い意味のある言葉です。何故日本語の「道」とせずにわざわざ中国語の「タオ」という言葉を使ったのかというと、それは、「タオ」に通常の「道」以上の意味を込めているからです。

今から2500年ほど前の中国に老子という人がいました。哲学者です。
世の中のありさまをとことん考えて真理を掴もうとした人です。儒学の祖孔子とほぼ同時代の人です。孔子が「人間として生まれたからは人間としてすばらしい生き方をすべきだ」と言うと、老子は何故か関西弁で「そないに力まんかて、このままでよろしがな。」と答えます。
これが「無為自然」です。

老子が掴んだ真理は、詰まるところ次のようなものでした。
■ 宇宙には、法則がある。
■ それは、良い法則だ。
そしてこの宇宙を形作っている法則を「道(タオ)」と名付けました。

会社を設立する時、生まれる子供に名前を付けるように社名を考えました。大きく育っていって欲しい。正しくあって欲しい。強くあって欲しい。子供と全く同じです。最も大きく、最も正しく、最も強く、最も善なるものとして「タオ」を社名として選びました。

<前へ【タオの願い】  【社是】次へ>

トップへ戻る