MENU

  1. トップ
  2. 会社情報
  3. 代表プロフィール

代表プロフィール 井内良三 代表取締役社長 シャンソン歌手

私は、1959年、徳島県小松島市にて5代続く漁師の家に長男として生まれました。
将来は漁師になり家を継ぐことを望まれていましたが、幼い頃から文学や歴史に興味があった私は、漁師ではなく大学教授になりたいと思っていました。

父からは「東大か京大のどちらか一つだけの受験なら許してやる!」と言われ、「じゃあ、やったる!」と決意した私は、中学から没頭していた陸上部の活動が終了した高校3年生の12月から、背水の陣で受験勉強をスタートさせ、無事に京都大学の文学部に入学することができました。

そして迎えた大学生活で、私はそれまでの価値観が大きく変わる出会いをしたのです。

価値観を変えた、不治の病を持つ青年との出会い

大学生活を送っていたある日、私は全治13ヶ月の生死をさまようバイク事故にあってしまいました。
そして交通事故の後遺症を抱えてしまい、後遺症を治すための手術を決意して入院した病院で、私はある青年と出会います。

20歳だったその青年は、不治の病を抱えていました。にも関わらず、彼は周囲の人々をいつも笑わせていました。

「不治の病なのに、なぜあんなに明るいのだろう?」

入院中にひたすら考え、気付いたのは、
「何をするかではなく、どう生きるか」
「成り得る最高の自分になることが重要だ」
ということでした。

彼は全てを受け入れて、彼の今できることを精一杯しているのだと感じたのです。

自己実現を目指して生きる

マズローの欲求段階説をご存知でしょうか。
人間の欲求を、生理的欲求、安全の欲求など5段階に分割した考えで、最上位に定義されているのが「自己実現」です。

私は「自己実現」を「成り得る最高の自分になること」と定義しました。

入院中の青年は、その時の状況下で「成り得る最高の自分」になっていたのです。
このことに感銘を受けた私は、「彼のように輝く笑顔をたくさん見たい」という思いから、「多くの人の自己実現を支援したい」という思いを募らせていくようになりました。

自己実現を達成するために必要な『学ぶチカラ』を身に付ける

自己実現を達成するためには何が必要なのでしょうか。
知識、思考力、情報、お金、…人生を豊かにする要素はたくさんあると思います。その中でも共通するものは何か、考え抜いた末に「最も必要なものは『学ぶチカラ』である」と結論付けました。

「学ぶチカラ」とは、自分を取り巻く全てのものを認め受け入れて、活かす「チカラ」です。

では「学ぶチカラ」はいつ形成されるのでしょう。もっとも伸びが良いのが、子ども時代です。
例えば、幼少期に勉強が嫌いになり、少しでも難しい問題にぶつかる度に「考えること」を止めてしまったとします。
このような場合、考える習慣が身に付かないまま大人になるため、状況を活かす方法が考えられず、拒否するか諦めるかになってしまいます。

子どもの時に、しっかりと「学ぶチカラ」を身に付けると、どのような状態でもまずそれを受け入れて、今取り得る最善の行動を採ることができます。

これが「成り得る最高の自分になる」自己実現への道です。

子ども達のための最高の教材を求めて

教育関連会社に入社した私は、営業として「どうすればお客様に喜んでもらえる教材にできるか」「『学ぶチカラ』を育てられるのか」を考え、お客様のご意見や要望を取り入れた開発・改善内容を開発サイドに要請していましたが、お客様の立場で考えると満足いくものにはならず、もどかしい気持ちになることが増えていきました。

「自己実現を支援したい」
「子どもに本当の学力を与えてあげたい」

日に日に思いが募っていた私は、「ならば自分で作ろう!」と一念発起して独立。
これが株式会社タオ設立のきっかけでした。

子どもにとって本当に効果のある教材にするため、研究に研究を重ねる日々

どうすれば子ども達は本当の学力を身に付けるのか。
3年間考え続け、システムの中に、問題の中に工夫を加え続けて出来上がったのが、「天神」学習システムです。

今までの自分の人生、大学入試の為の勉強、大学在学中の研究、交通事故にあったこと、青年に出会ったこと、ドーマン博士の能力開発理論、モンテッソーリの幼児教育理論、脳の役割と発達の解明、その他いろいろなものとの出会いが「天神」の中に統合されていくのを感じ、「あぁ、そのための経験だったのか」と得心しました。

開発を始めてから25年が経った今も、「天神」にかける思いは変わりません。
これからも、私と同じ思いを持つ仲間達と力を合わせて「世界一実効ある学習システム」を目指し開発・改良を続けています。

  • 会社概要
  • 経営理念
  • 代表プロフィール
  • 沿革
  • メディア掲載
  • 社会貢献活動

ページトップへ